活動報告

LUNA SEAのコンサート

日時:2017年12月24日
場所:さいたまスーパーアリーナ

 12月24日 さいたまスーパーアリーナで開催されたロックバンド「LUNA SEA」のコンサートに「水素社会を実現する議連」事務局長として行ってきました。
 このコンサートは、再生可能エネルギー(再エネ)から作られた水素でSUGIZOさんらの演奏するエレキギターなどに電気が供給されました。
供給される水素の一部は、環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」で実証中のHondaの再エネ由来水素ステーション(お台場)から充填されました。
具体的には、太陽光発電で製造された水素がFCV(燃料電池自動車)に充填され、水素を電気に変えながらコンサート会場まで走り、そしてコンサート会場ではFCVがギターなどの電源となり音楽が奏でられました。この一連の過程でCO2は排出されません。
 ギタリストのSUGIZOさんは、水素によって発電された電気を使用して演奏することについて「単に環境に対して良いだけでなく、音楽においても一般の電気よりもノイズがなく、遥かに音のクオリティが高くなる。」とその魅力を語っています。
 コンサート開始前に電源となったホンダ、トヨタのFCVを視察しました。

 

SUGIZOさんと

SUGIZOさんと


 
 
 
171224Luna seaコンサート02

 
 
171224Luna seaコンサート03
 
 
 
171224Luna seaコンサート04
 

 

ページの先頭へ